AKB48速報局(AKB48まとめ)

AKB48速報局(AKB48まとめ) AKB48メンバーのツイッター投稿のまとめサイトです。 メンバーのツイッター情報をいち早くまとめて速報配信して行きます。

    岩田華怜

    今日事務所に行ったら、みやぎ絆大使の委嘱状が届いていました!✨ こうして手に取ると、より実感が湧き本当に嬉しい(´ ; ω ; `) もっともっと故郷に貢献できるよう、今まで以上に頑張ります! 宮城100%の #だて正夢 も頂きました☆ みんなで宮城のお米を食べよう!٩( 'ω' )و🌾 #第9期 #みやぎ絆大使 https://t.co/o1ty2qDW7F

    丸2日寝込んでしまったあーー。 でもおかげで熱も下がり、だいぶ回復しました😭 私はインフルじゃなかったけど、最近猛威を振るってるようですね。。 周りも体調崩してる人多いので、皆さん体調管理だけは気をつけて!💦💦 実家から送られてきたビリーが可愛すぎて、一気に元気でた。ww https://t.co/wG1YQymfaa

    新成人の皆様、おめでとうございます。 平成最後の成人式は如何でしたでしょうか? 私は地元仙台の友達や先生に約10年ぶりに会えたり、祖父母にも晴れ着姿を見せることが出来ました。 これからも、好きなことに真っ直ぐに、10年前の自分に誇れるような生き方をしたいと思います。 2019.1.14 岩田華怜 https://t.co/i8SvVareEx

    小学校6年生の時に書いた卒業文集が出てきた。 今、たくさんの人に支えられて生きていて常日頃から感謝の気持ちは忘れないようにしているつもりですが、9年前からその事に気付いていたことに驚き。笑 下手したらこの時の私の方が大人かもしれない…w 私よ、望み通り、歌って踊ってお芝居しているぞ。 https://t.co/TNaR4hlTTn

    先日の一足先早い成人式取材の動画があがりました☺️ ファンの皆さんを始め、ここまで支えて下さった全ての方に、是非見て頂きたいです。 これからも、己に負けず、感謝の気持ちを忘れずに、一歩一歩精進したいと思います。 改めまして、今年もよろしくお願いします☺️ https://t.co/EPt7D50WoT https://t.co/IHugDRH6Qs

    トモハ役の小田えりなちゃん、とっても素敵でした! グループから離れても、こうして同じ48Gの仲間に会えるのはとても嬉しいことです☺️ 千穐楽まで怪我なく頑張ってね! 私ももっともっと頑張ります!! エリエリオーーー!!!👊🏻 p.s.お花ありがとう😭💐 #神ノ牙JINGA転生 #ガロステ #AKB48 https://t.co/oh1ezbeM5Y

    #神ノ牙JINGA転生 ゲスト出演ありがとうございました! 迫力満点の演出、殺陣、圧巻でした。私はやりたい放題でしたがとても楽しかったです。笑笑 呼んで頂きありがとうございました! #警視庁抜刀課 でも一緒だった井上さんと一慶さん、そして共にフラゲを踊ってくれたホラーダンサーズの皆さんです👻 https://t.co/TK4yMXxLDh

    昨日、大圓寺でお参りしてきました㊗️ 新年からたくさん記事に取り上げて頂いて本当に感謝です🙇‍♂️❤️ 今年の目標は「映画単独主演+ダブル役満」にしました笑🀄️ お仕事も麻雀も全力で頑張ります! 今年も岩田華怜をよろしくお願いします。☺️🙏 https://t.co/GYqi6BshmC

    間もなく2018年が終わろうとしている。。今年は舞台だけで7本、その内の3本は主演をやらせて頂きました。今年も沢山の役に出逢えて、本当に充実した1年でした。人生の中で、一生大切にしようと思える人たちとの出逢いもありました。本当に感謝しかありません。 ファンの皆さんも本当にありがとう😊 https://t.co/dTY7WxmocH

    💐お知らせ💐 銀岩塩 Vol.3 LIVE ENTERTAIMENT 「神ノ牙-JINGA- 転生」 に、ゲスト出演させて頂きます! 私の出演回は、 2019/1/5 18:00〜 舞台にゲスト出演させて頂くのは今回が初めて…!恐らくこの日が、2019年最初にみんなに会える日になると思います🤗 https://t.co/IPp004gTGj #神ノ牙転生 https://t.co/bJ588Nv7dU

    明治大学第64回 #紫紺の集い を、#イキザマ3 メンバーで観に行かせて頂きました。 前半の定期演奏会も圧巻で、最後は全身全霊の応援に、涙しました。 明治大学応援団の皆さん、沢山の後援、改めてありがとうございました。今後も皆様の更なるご活躍を、心よりお祈りしています。 https://t.co/5mHfWQLzia

    このページのトップヘ